中小企業の資金繰りが悪化!?

中小企業の倒産が激減している。

一方、有利子負債は10年ぶりの高水準となった。

これは、無利子・無担保の制度融資など、政府の新型コロナ対策が下支えしていたからである。

参考記事:日経新聞(2021/10/24)「中小負債、10年ぶり高水準 返済猶予切れ迫る

 

この新型コロナ関連融資の返済猶予期間が終了し、いよいよ2022年度から返済が始まる。

緊急事態宣言は解除され、町には賑わいが戻っていきているようだが、日本と同じようにワクチン接種が進んだ他国の状況を見ると、まだまだ予断を許さない状況である。

仮に、再度緊急事態宣言が発令され、営業自粛を要請される事態となれば、もたない中小企業も多くなるだろう。

 

客足は徐々に戻りつつあるようだが、先行きは不透明であるため、今まで以上に収益力を高め、返済余力を高めていく必要がありそうだ。

 

関連記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

年金は破綻するのか!?

次の記事

少し先にある起業