副業のススメ!起業を目指す方へ

厚生労働省は、2018年1月に「モデル就業規則」を改定し、「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」と副業・兼業を認める内容に変更した。ほとんどの企業で副業が原則禁止とされていたが、これは改定前のモデル就業規則には、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」という規定があったからだ。そもそも、新しい「モデル就業規則」は、2018年1月に策定・公表された「副業・兼業の促進に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」に伴って改定されたものだ。

 

すべての従業員を終身雇用することが難しくなったこと、副業により従業員のスキルアップが望めることなど、副業に踏み切るメリットも多いため、大きな流れとして副業を認める企業が増えている。

 

このような動きは起業を目指す従業員にとっても大きなメリットがある。起業する人にとって、特に職がある人にとっての最大の不安事項は「お金」だからだ。お金の不安といっても、それは起業資金としてのお金というより、むしろ、起業後に生活資金を得ることができるのかというほうが大きいだろう。副業はこの生活資金についての不安を少なくする。

 

また、今回のコロナ禍で文字通り「働き方」について深く考えた人も多いだろう。当たり前のように満員電車に揺られて出社するという日常から自宅などで仕事をするという非日常に突然放り込まれたのだ。この非日常を心地よいと思った人の中には起業を視野に動き始めるかもしれない。テレワークが企業の働き方として定着するかどうかわからないからだ。

 

このように考えると、今後起業を目指す人は増えるのではないか。お金の不安なくしてビジネスを試すことができるのだ。さらに言えば、「好きなこと」を軸に起業するこもできる。副業が認められない環境では、好きなことで起業することを私は勧めないが(あきんどう「成功したいなら「好きなこと」で起業しないほうがいい!?」)、副業できるなら別だ。失敗してもお金に困ることはないからだ。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    前の記事

    社内会議を上手に回す!?