起業に就業経験は必要か?

起業するためにはある程度の実務経験が必要と考えている人は多いだろう。

参考記事→「大企業は3年で十分」「人生を自分でコントロール」 私が起業した理由

起業前の就業経験については様々な起業家が語っている。

しかし、こういうことは万人が納得するような答えはないだろう。

ある起業家は一度就職したほうがいいといい、別の起業家は必要ないという。

また、就職を勧める人でもその勤める期間は違うし、企業規模などにも違いもあったりする。

 

確かに就業することにより、得るものはあるだろう。

しかし、その経験が「起業」に直接役立つ知識かというと、そうでもないと思う。

 

たとえば、技術系の仕事は独立の前に、技術そのものを習得しなければならないので就業は必須だろう。

また、そういった技術系の仕事には、段階的に技術を習得するような教育システムがあったりする。

しかし、それは「技術的に一人前」ということであって、独立すれば商売が上手くいくというわけではない。

技術的なスキルは経営を支える確かなものではあるが、経営の全体では決してないのだ。

事務的な仕事面についても、就業して得られる知識は同様だろう。

 

起業前の就業については様々意見に惑わされないことが重要だ。

紹介した参考記事の起業家は「大企業は3年で十分」と言っている。

 

もし、彼がビジネスが失敗すれば、「もっと就業期間が必要」だと主張する人はこう言うだろう。

「もっと経験を積んでから起業すべきだったよね」

また、就業が必要でないと主張する人は次のように言うかもしれない。

「もう少し早く起業の決断をしていれば・・・、チャンスを逃したね」

 

要は、この参考記事の起業家のように自分で「決断」することが重要なのだと思う。

どんな意見があろうと過度に影響させれることなく、自分の考えをはっきり持ち、リスクを受け入れたうえで決断し行動できるこのような起業家が「起業できる人」なのだろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

企業家と挫折